福岡での就業規則からマナー研修、経営計画までサポート。KS人事研究所

福岡の人事制度・評価制度・人材育成・人材活用のことならおまかせ下さい。 株式会社KS人事研究所

良好な労使関係構築をサポート


弊社が重視する業務は、人事・労務のご相談対応、モチベーションアップ策の提案・構築です。顧問先さま訪問時には、経営者側からのご相談対応のみならず、以下のような業務もおこなっております。
  • 従業員面談(人事評価フィードバック面談立会い、業務指導面談、新入社員面談、試用期間職員面談、その他スタッフヒアリングなど)
  • スタッフミーティングにおけるファシリテーション(部門間会議、部門会議)
  • 業務改善ミーティングにおけるファシリテーション
  • 採用面接予定者の履歴書確認、質問事項提案
  • 採用面接への同席、質問、労働条件等に関する説明
  • 雇用契約締結時の同席、説明
  • 就業規則(就業ルール)説明会
  • 社員研修 ※事前アンケートなどで、職員の皆様が聞きたい事項を把握して行います。
【内容例】
 
一般職対象:マナー研修・コミュニケーション研修・コーチング研修・クレーム研修・エクセル講習・ワークライフバランス研修 など管理職対象:ハラスメント研修・労務研修・採用面接研修 など
(顧問先様のみだけでなく、多くの外部機関の研修・セミナーもおこなっております。)
 

お客様事業所の法的防衛と、そこで働く従業員様の職場環境整備


 例えば「就業規則の整備」は、事業所のコンプライアンス対策としての側面もありますが、職場内ルールを明確化しそのルールに則って対応することで、きちんと働いている従業員様を「守る」という側面もあると思います。(「問題社員」といわれる方は、職場内秩序を乱したり、一緒に働く周囲の従業員様にも悪影響を与えたりすることが殆どだからです。)
 就業規則には必ず「服務規律」という章がありますが、年に一回、従業員の皆様から、事業所のルールとして取り入れたい事項を募り、規則に盛り込むということもおこなっております。
 

業務効率化・業務改善


 給与計算、保険手続き、人事評価結果集計などにおいては、お客様(経営者、人事担当者)の作業の効率化(時間短縮)へのご提案も積極的におこない、お客様と弊社、双方にとって効率のよい方法を常に模索しております。
 なお、社労士事務所における保険手続きに関しては、電子申請可能な手続きは全て電子申請により実施しており、お客様のお時間(ご印鑑をいただく、書面に記載いただく、書類をご郵送いただくお時間)を取らせることはいたしません。基本的に、メール(FAXも可)もしくはシステム入力にて、入退社等のご連絡をいただくのみで、社労士事務所にて手続きを進めさせていただいております。
 なお、弊社自体も、お客様に恥じぬよう業務効率化を進めており、「働き方改革」の一環として、在宅勤務制度も導入しております。
 

事務所内情報共有


 弊社は、基本的に有資格者二名担当制としており、弊社にご相談いただいた労務問題に関するご相談内容は、担当者二名で共有、どちらでも対応できるようにしております(メール等も全て共有しております。) 「質問があるのに担当者がつかまらない」といったことを防いでいます。
 
copyright(C) 2010 川庄公認会計士事務所 All Rights Reserved.